読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Disce libens.

disce は「学ぶ」。 libens は「喜んで、快く、楽しく」。 もっと豊かなワタシをめざして「ディスケ、リベンス」。

過去日記2015.5.2

 

 

 

 

 
 

京都1日目⑨

つっかれたぁ~、甘いもの食べたい、まったりしたい。
と、行ったのは 嵯峨野湯 さん。

少し前まで、銭湯だったところを、リノベーションでカフェにしたお店だそうです。
人気店とのことで、入れるかちょっと心配でしたが、タイミングよくすんなり席につけました。
嵐山メインストリートより 少し外れたところなのもよかったのかも。
最寄は嵐電嵯峨駅になります。

店内は白を基調にした爽やかな雰囲気。
そこかしこに、銭湯の面影が…
タイル絵とか 据え付けのシャワーとか 並んだ鏡とか
不思議にマッチして、おしゃれにまとまってる。センスいいねぇ。
≪ 店内撮影ご遠慮下さいとのことなので、写真はなしです ≫

ケーキと飲み物を頂き、しばし休息。
メニューも美味しく、スタッフのみなさんも感じよく、いいお店でしたぁ(*^ ^*)


カフェを出て、レンタサイクルを返します。
渡月橋から見えるところにステーションがありました。分かりやすくてよかった!

あとはお土産物屋さんをのぞきながら、嵐電嵐山駅へ。
荷物になると大変なので、お土産は明日の最後にまとめて買うことにします。
よほどでない限り、清水ゾーンにも同じお店がでてるもんねw。


疲れたー、さぁ、宿方面に向かうかぁ。と、嵐電のホームに出たら…
ホームの一番奥に 足湯 の文字が!

うわー、これいい!
1本電車遅らせようよ、と、息子に駄々をこねwww
足湯につかってきました。

駅のインフォメーションで200円を払い、タオルをもらいます。
(一人200円ね、ワタシたちは400円払いました)

裸足になったら、かかり湯をしてから、足湯に入る。

くぅぅぅぅ… 疲れた足に ちょっと熱めのお湯が効くぅぅぅ…
20150502141558789.jpg


少し塩素のにおいが気になりましたが、大勢使うし、そのくらいでいいのかも。
10分くらいが目安です、とのことでした。嵐電の時刻表も10分ごとの出発。ちょうどですね。

足がホカホカになって、血行よくなって、ちょっと癒された感じ。ありがとうございました。


帰途は、嵐電嵐山から四条大宮へ。
始発~終点なので、気が楽。
息子は隣で舟をこぎ出しました、早朝からだもん、疲れたよね。



夕食に向かったのは、四条大宮駅前からすぐの 串八さん!
学生時代、何かあれば 串八!でした。北野白梅町のお店によく行ったなぁ。
150x150_square_26707663.jpg


エスカレータで地下に降りたところに、入り口があります。
18時ごろについたけど、ほぼ満席。 二人だから、と甘く見てたなぁ…。
それでも、ほどなくカウンター席に案内してもらえました。

息子は、なれない居酒屋の雰囲気にそわそわしております。
そうだねぇ、いつもはラーメン屋かファミレスだもんw。

やみつききゅうりと生春巻き ぽんから 串あげ盛合せ 焼き鳥盛合せ をオーダー。
目の前でスタッフのおにいさんが串を焼く姿を眺めながらしばし待つと、ほどなく串揚げが運ばれてきました。

1本ずつ、豚肉です とか うずらです とか 紹介しながら目の前においてくれます。
きめ細かめで薄めの衣に仕上がっているので、食べやすいんです。
尖ったパン粉が口に刺さったりしないのっw。
焼き鳥も、美味しい!ちょっと甘めだけど、しつこくない、絶妙のタレ!この味が食べたかったの~!
ぽんから は 鳥の空揚げをもみじおろしとポン酢でいただきます、これも学生時代の鉄板メニューw。

カフェで少し小腹を満たしていたので、デザートを食べるゆとりがなかったのが、ちょっと残念。
アイスクリームの天ぷらは 次回の課題ですwww

変わらぬ味に懐かしさと嬉しさを感じながらいただきました。ごちそうさまでした。

お会計に立ったら、待っている人で入口がいっぱいになってました。
学生もサラリーマンも家族連れも みんな大好きな串八さん。今度は予約してくるね!




さて、今回のホテルは マイステイズ京都四条。
四条大宮駅から500メートルくらいかな、堀川通りを渡った向こう。
5分ちょっとで着きました。

さすがにつかれたぁ、、、お風呂に入って、、、
土曜プレミアムナルニアが始まったころには、半分意識がなかった(笑)

息子と京都旅1日目 終了です。