読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Disce libens.

disce は「学ぶ」。 libens は「喜んで、快く、楽しく」。 もっと豊かなワタシをめざして「ディスケ、リベンス」。

今週中に!!

今週中に「立春大吉」を新しくせねば!

 

去年、思い立って、お札を手作り(というか、書くだけだけどさ)しました。

半紙に「立春大吉」を縦書きにし、玄関の外へ向かって貼るのです。

 

   なるべく左右対称に書いて、、、

 

うちに入ってきた鬼が振り返ると、さっき見た「立春大吉」の札が見える。

あれ?この家にはまだ入っていないぞ! と勘違いして、逆戻りする。

つまり、、、鬼が入ってこない(すぐに出ていく)ので、平穏無事に一年が過ごせる、

厄除けのお札なのです。

以下、ネットなどで調べてまとめたやり方です。(講座で聴いたわけじゃないです)

 

① 立春から雨水の間にする。暦を確認のこと。

② お水を用意する。

  最良は山に湧く石清水。

   当地だと 穴の谷霊水とか、瓜破清水とかいろいろありますよね。石倉地蔵尊のお水もいいかも。

  神社で頂いてくるのもよい。(500mlくらい)

 

③ 心身を浄め、新しい肌着を身に着ける。

  上着は新しくなくてもよいが、洗濯したての清潔なものにする。

 

④ 秘言を唱えながら、コップに取り、手を浄め、口をすすぐ。

   今も賜る天津水を

        天の真名井の真清水と受けしめ給え

    いまもたまわるあまつみずを あめのまないの まさやけるみずとうけしめたまえ

 

⑤ この水でしっかり墨をすって準備。

    ここで、邪気切りしたり、Egチャージしたり、いろいろやるともっといいでしょうね。

 

⑥ 心を静めて半紙に向い、黒々と濃い文字で、

  なるべく左右対称になるように 「立春大吉」を縦書きする。

 

⑦ よーく乾かして、玄関に外向きに貼る。 

 

今年一年の(つまり、2018年の節分まで)厄除けです。

今年の雨水は2月18日。なので17日中にはやらないと!

 

 

書くだけ、とはいえ、細々準備は必要ですよね。

そんなのお寺とかで買ってくればいいじゃん、という気持ちになったりもします。

でもね、、、

 

あれしてこれして、身を浄め心を静めて

労力かけて、気持ちを込めて、家内安全を祈る心が 

誠に通じるのかなぁ。と思うのです。