読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Disce libens.

disce は「学ぶ」。 libens は「喜んで、快く、楽しく」。 もっと豊かなワタシをめざして「ディスケ、リベンス」。

過去日記2015.4.28

 

 

 

 

 
 

京都1日目⑥

さて、母校を出て向かったのは
京都で一番おいしいお好み焼き屋さん「ジャンボ」。

実は、当初の旅行計画では、最初に 京都駅→清水寺 と思っていたのです。
しかしこちらのお店が日曜定休なので、そりゃ土曜の昼に行かなきゃ!でしょ。と旅程を変更しましたw。
天神市も重なったのでラッキーでした(*^o^*)


大学裏側の細道をつつっと抜けたところにあります。
自転車なら5分くらいで着いちゃいますね。

11時過ぎに行きましたが、すでに満席!さすが人気店!
多少の待ち時間は当然と思って行きました。1時間待ちもアリのお店ですから。
周りでジュウジュウ焼いてるのを見てるのもまた楽しいです。

待ってる間にオーダーを取られます。
迷わず、お好み焼のミックスジャンボと焼きそばのジャンボを注文。
殆どの方が同じものを注文しているようです(^^)

息子はよそのお客さんの鉄板に広がる光景に唖然…(笑)
あはは、ホントに「ジャンボ」だからねぇ。

そうこうしているうちに、オープン第1陣のお客さんたちが食べ終わり、一気に席が空き始めます。
ワタシたちも席につき、すぐに焼きそばが運ばれてきます。
目の前のそのボリュームにまたも息子唖然…。
そりゃそうよね、そばとキャベツで鉄板が見えないんだもん(笑)
20150502141451b22.jpg

ラードがっつり。豚肉じゅうじゅう。キャベツは小さ目の1玉どっさり。そばは特製の太麺3玉。
息子、無言の目が「ダレガ コンナニ クウノ?」と語りかけてくる。www
いやいや、この上にお好み焼も来るからね!w


お店のお兄さんたちが手慣れた様子でテーブルを周り、焼いてくれます。
焼きそばが仕上がったころには、奥で焼かれていたお好み焼も運ばれてきました。
マヨネーズもソースもたっぷりで!いただきます!

20150502141523183.jpg


そして、一口食べて、美味さに悶絶する息子。
ホント、美味しいのです。お好み焼はふわふわだし。そばはもっちりしっかりだし。

ボリュームはと言うと、そうですねぇ、今回の注文だと4人で食べてちょうどいいくらいの量だと思います。
ジャンボお好み焼を4つに分けた1枚が、普通サイズくらい?そんな感じ。
遠慮なく食べなさいな、中学男子!www

二人してほぼ無言で食べましたが、半分近くなったところでギブアップ。
お店のお兄さんも手慣れたもので、持ち帰り用に包んでくれます。
受け取った包みが、重いw。あんなに食べたのにねw。

そんだけの充実感で御代は1600円!ありがとう!ジャンボ!
また来ます!絶対に来ます!

最寄駅は嵐電等持院。目の前にバス停もありますが、本数は多くないので注意。
北野天満宮から1キロくらいですので、おしゃべりしながら歩くのもいいかと思います。