Disce libens.

disce は「学ぶ」。 libens は「喜んで、快く、楽しく」。 もっと豊かなワタシをめざして「ディスケ、リベンス」。

天網恢々疎にして漏らさず

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/081a0d75649685dbdd9d8031dbcd566e


潮目が変わりそうです。


負けるな日本。


天照大神さま、天津神々、国津神々、


豊葦原瑞穂国


この美しい我が国をお守り下さい。

過去日記2015.6.23

 

 

 

 

 
 

法は誰のために?① ~~絶歌~~

法とは難しいものだと思う。


当時14歳だった と少年法で手厚く保護され
刑期を全うし罪を償った と社会復帰をなし
基本的人権表現の自由」だ と手記を書き
著者の権利だ と多額の印税を受け取る


一方で

まだ小学生だった我が子を奪われた家族は
さまざまな情報を実名のままに報道され
悲しみと喪失感のなかで 憐憫と好奇の耳目に晒された

二次三次に与えられる苦痛と 
続く苦悩は如何ほどのものだったろう

18年の歳月はどのくらいその傷を癒せたのだろう


そして突如として振るわれる
再びの暴虐
時を遡って甦る苦しみ


どうしてこのような目にあわなくてはいけないのだろう

何も悪いことをしていない人をどうして法は守らないんだろう



殺害の様子を 微にいり細にいり 描き出し
故人の受けた苦痛と恐怖を再現することで
遺族がまたしても感じる精神的苦痛

加害者によって 
あるまじき冒涜が行われたことまでもを公表することで受ける
耐えがたき恥辱

それらを無視しても「言論の自由」とやらは守られなくてはいけないのだろうか



巷では「サムの息子」法の導入の是非が検討され、圧倒的賛同の声が高まっている
私も もちろん賛成。

でも、本当に論じなくてはいけないのは

こうした出版行為そのものが「罪」にあたらないか、ということではないのか?



その昔 
「家庭内の問題だから」と言われて
泣き寝入りするしかなかったことが 
いまはDVと社会認識されている

その昔
「彼(彼女)は あなたが好きなだけだよ」と
取り合ってもらえなかったことも
ストーカー行為として犯罪認識されている

そのように 

被害者、遺族、関係者の承認を得ずに
加害者およびその関係者が
過去の犯罪について広く巷間に知らしめる行為は
犯罪なのだと認識されるようになってほしい



ペンは剣よりも強し  

横暴な権力から弱き者を守るためのペンであればよいですが
善良な人を 武力以上に傷つけるペンであってはいけないと思うのです。




ところで

エラそうな顔して、エラそうな文章書いてるこの人

土師さんの見解は、土師さん個人の見解であって、
被害者を代表する見解というわけではないだろう  だと??

同じような体験をしてから、言えるものなら言ってみな。

非難轟々の【元少年Aの手記『絶歌』】で軽視される「言論の自由」と出版の意義

過去日記2015.6.18

 

 

 

 

 
 

つぶれてしまえ!太田出版!

 2015年6月11日太田出版は『絶歌』を出版しました。

 この本は1997年に神戸で起きた通称神戸連続児童殺傷事件の加害者である元少年Aが事件にいたる経緯、犯行後の社会復帰にいたる過程を自ら綴ったものです。
 なぜ遺族の了解を取らずに出版したのか、遺族の気持ちをどう考えているのか、なぜあのような猟奇的殺人者の本を出すのかなど、出版後、多くの批判をいただいています。

 本書は、決して本人の弁解の書ではありません。いわんや猟奇殺人を再現したり、忌まわしい事件への興味をかき立てることを目的にしたものではありません。
←目的にしていなくても、そうなります。逆に、再現・興味を避けることが出来るのですか?

 本書は、加害者本人の手で本人の内面を抉り出し、この犯罪が起きた原因について本人自身の言葉で描いたものです。
 深刻な少年犯罪が繰り返される中、なぜそのようなことが起きたのかをそれぞれの事件の加害者自身が語ることはほとんどありません。一つには機会があってもそれを表現するだけの力を持つ者がいないということがあります。加害者の心の闇は謎のままです。
←ネットであとがきを読んだだけでも、矛盾だらけの破綻した文章。表現する力?ないでしょ?

 神戸連続児童殺傷事件はその猟奇性ゆえ、また加害者が14歳の少年であったことなどから社会に衝撃を与え、人々の脳裏に深く刻み込まれる事件となりました。「少年A」というそもそもは匿名を表す表記が、多くの人にとってそのまま神戸連続児童殺傷事件の記憶に結びつくという特異なそして少年犯罪の代表的な事件です。少年犯罪が起こるたびに神戸の事件は言及され分析されてきました。
 本書に書かれた事件にいたる彼の記述を読むと、そこには大人の犯罪とは明らかに異なる、少年期特有の、性的衝動、心の揺れなどがあったことがわかります。そしてそれだけの内面的な乱れを抱えながらも、事件が起きるまで彼はどこにでもいる普通の少年でした
←あのようなことをした子が「普通」ですか?

彼が抱えていた衝動は、彼だけのものではなく、むしろ少年期に普遍的なものだと思います。
←「普遍」??言葉の意味が分かってらっしゃる??

彼は紙一重の選択をことごとく誤り、前例のない猟奇的殺人者となってしまいました。
←前例のない逸脱を「紙一重」と??

彼の起こした事件は前例のない残虐な猟奇的事件でしたが、それがいかに突出したものであろうと、その根底には社会が抱える共通する問題点が潜んでいるはずです。

←同じ時代、よく似た環境で生まれ暮らすなかで、あのようなことをしでかす者が他にいたとでもいうのでしょうか?社会のせいにするな!

社会は、彼のような犯罪を起こさないため、起こさせないため、そこで何があったのか、たとえそれが醜悪なものであったとしても見つめ考える必要があると思います。
←いじめに端を発するような事件であれば見つめなおす必要もあるでしょうが、
常人ならば遂行しえないほどの猟奇的事件を一般人が深く掘り下げる必要がどこにあるというのでしょう? 
知らない ということは その人の中に「存在しない」ことです。 
今まで知らなかった世代が知ってしまうことのリスクのほうがよほど大きい!


 本書の後半は主に、彼の更生、社会復帰にいたる関係者の協力、本人の心境の変化が赤裸々に描かれています。何をもって更生が成ったかを判断するのは難しいことですが、彼は国のシステムの中で更生したとされ社会に復帰しました。
 彼が類例のない猟奇的犯罪を犯しながら、比較的早い時期に社会復帰を果たしたのは、少年法が存在したからです。
←結局更生などしていないこと、そして少年法が何の役にも立たなかったことを証明したともいえます。

法により生きることになり、社会復帰を果たした彼は、社会が少年犯罪を考えるために自らの体験を社会に提出する義務もあると思います。
 彼の手記には今にいたるも彼自身が抱える幼さや考えの甘さもあります。しかしそれをも含めて、加害者の考えをさらけ出すことには深刻な少年犯罪を考える上で大きな社会的意味があると考え、最終的に出版に踏み切りました。
←提出義務は、取り調べで果たしているはずです。それとも隠していたというの?
利己主義の自己弁護文に 社会的意味なんぞないわ!


 本書の出版がご遺族の方々にとって突然のことであったため、あの事件をようやく忘れようとしているご遺族の心を乱すものであるとしてご批判を受けています。そのことは重く受け止めています。
 私たちは、出版を検討するにあたり、その点を意識しなかったことはありませんでした。本書がその内容よりも、出版それ自体の反響として大きくマスコミに取り上げられるであろうことや、それによって平穏へと向かいつつあるご遺族のお気持ちを再び乱す結果となる可能性を意識しました。

←つまり、意図して事前に知らせなかったということですね。
再び乱す可能性? 可能性??  これを聞いて平静にしている可能性があったとでも?
ふざけるものいい加減にしろ!


 それを意識しつつも、なお出版を断念しえず、検討を重ねました。
←でも、やっぱり儲けたかったんだもーん! てことね。
本を書けば、皆様をさらに傷つけ苦しめることになってしまう。
それをわかっていながら、どうしても、どうしても書かずにいられませんでした。

元 少 年 A と お ん な じ で す ね

 出版は出版する者自身がその責任において決定すべきものだと考えます。出版の可否を自らの判断以外に委ねるということはむしろ出版者としての責任回避、責任転嫁につながります。
 出版後、ご批判の声が多数届いています。同時に「少年Aのその後が気になっていたので知ることができてよかった」「自分の息子が将来加害者の側になるのではないかと心配している。少年Aの心の動きを知ることができて参考になった」等のご意見も多数いただいています。
← 圧倒的大多数を占める批判と、万分の一の味方(?)を 共に“多数”と並べる面の皮の厚さ

 私たちは、出版を継続し、本書の内容が多くの方に読まれることにより、少年犯罪発生の背景を理解することに役立つと確信しております。
← どんなに世間が騒いだって、儲けたもの勝ちですから、どんどん増版しますよ と?
ねぇ、この人、日本人じゃないよね。 


 ご遺族にも出版の意義をご理解いただけるよう努力していくつもりです。
← つ も り  だそうですよ!笑止

2015年6月17日 株式会社太田出版  代表取締役社長 岡 聡


ほんっとに、突っ込みどころ満載のコメント。

で、もうひとつ、どうしても気になるのが、出版日。6月11日。

朔日でもなく、ゴト日(5日・10日)でもなく、月曜日でもなく・・・

忘れられない日、アメリカ9.11 日本3.11 サカキバラ6.11  いーんじゃね? って言ってる気がしてならない。

国民を愚弄している、そう思う。

こんな会社、つぶれてしまえ!!!!

過去日記2015.6.17

 

 

 

 

 
 

怖いものみたさ と 野次馬根性 と 人の不幸は蜜の味…?



人間が内側に隠し持つ、いろんなネガティブ感情を否定するつもりはありません。
私の中にも、そういうものはあるし、誰の中にもあるでしょう。

でもさ、そういうものにつけこんだ商売ってどうなの?


今回の「絶歌」出版については、本当に怒りと失望を感じ、
そして途轍もなく哀しい気持ちになりました。





ネットに出回っていたあとがきより…

今さら何を言っても、何を考えても、どんなに後悔しても、反省しても、遅すぎると思います。僕は本当に取り返しのつかない、決して許されないことをしてしまいました。その上このような本を書くなど、皆様からしてみれば、怒り心頭であると思います。
 この十一年間、沈黙が僕の言葉であり、虚像が僕の実体でした。僕はひたすら声を押しころし生きてきました。それはすべてが自業自得であり、それに対して「辛い」、「苦しい」と口にすることは、僕には許されないと思います。でもぼくはそれに耐えられなくなってしまいました。自分の言葉で、自分の想いを語りたい。自分の生の軌跡を形にして遺したい。朝から晩まで、何をしている時でも、もうそれしか考えられなくなりました。そうしないことには、精神が崩壊しそうでした。自分の過去と対峙し、切り結び、それを書くことが、僕に残された唯一の自己救済であり、たったひとつの「生きる道」でした。僕にはこの本を書く以外に、もう自分の生を掴み取る手段がありませんでした。
 本を書けば、皆様をさらに傷つけ苦しめることになってしまう。それをわかっていながら、どうしても、どうしても書かずにいられませんでした。あまりにも身勝手過ぎると思います。本当に申し訳ありません。せめて、この本の中に「なぜ」にお答えできている部分が、たとえほんの一行であってくれればと願ってやみません。土師淳君、山下彩花さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
本当に申し訳ありませんでした。



まだ、我欲ですか?自分の生きる道?

まだ苦しめたいのですか? 
わかっていながら書かずにいられなかった?


意味が分かりません。
分かるのは、結局今も彼は自分のことしか考えていないということ。




特殊な心理状態を知るための貴重なサンプルだ、と擁護する人もいるとききます。

ならば、擁護派にお聞きしたい。

そのような特殊サンプルは、資料棚の奥に厳重にしまっておくだけではいけないのですか?
必要な人が閲覧すればよい、それで充分。

なぜ、このように万人が手に取れる形で「出版」したのでしょうか?



元少年Aとやらが「書いた」ことが問題なのではありません。
日記帳に書くのは何の問題もないでしょう。

どうしても誰かに訴えたいというのならば、ブログでいいではないですか?
無料で匿名でいくらでも書けばよい。


「出版」は 経済的行為です。

あれだけのセンセーショナルな事件、内側をみてみたい、という人の気持ちも分かります。

出せば、必ず売れる。
現に、すでに初版10万部 売り切れだとか…

ほんの数日で売上1億5千万。ほんの数日で印税1500万。

これだけのバッシングがあっても、きっと重版されるのでしょう。
そして、元少年Aの母の書いた本も、また、売れるのでしょう。



この本が出版にいたるまでに 何人の手を経てきたのでしょうか

編集・校正・カバーデザイン・etc…

それらに関わった人たちにお尋ねしたい、
あなたの息子があんなにもむごたらしい死を経ても
あなたはその仕事を遂行しましたか?

出版されたことによって、あの事件を知らなかった世代も それを知ることになる

影響され 模倣する者が出てきたときに その責任はどうとるのですか?



出版に関わった全ての人に言いたい


恥 を 知 れ

過去日記2015.6.16

 

 

 

 

 
 

良心~~~啓文堂さまを支持します~~~

巷を騒がせている「絶歌」

かつて酒鬼薔薇聖斗を名乗った 元少年Aの手記。


あれは1997年、いまから18年前。
あまりにも凄惨な事件、しかも14歳の中学生が…
言葉にならなかったことを覚えています。



そして今、出版された手記。

思うことがありすぎて、上手く言葉にできないのですけど 

とにかく

「被害者遺族の心情に配慮した結果、6月11日に発売される前の時点で、一切取り扱わないことを決めました。お客様からの注文も受け付けていません。」

という 啓文堂書店さまの良心に心からの賛辞をささげたいです。



出版不況厳しい昨今、売上は大切でしょう。

しかし、それより大切なのは 企業としての在り方。
素晴らしい判断をされたと思います。


残念ながら、当県には出店はないようです。
もしあったら、今後の書籍購入は全て啓文堂さんに!と思うのに…

過去日記2015.6.10

 

 

 

 

 
 

神様も悩む。

先日から息子と一緒に読んでいるこの本。

神様の御用人3


面白くって、第3巻まで追加購入しました。
で、昨夜その第3巻を読んだのですが、、、泣けました。

皇紀2600年を超える中で、人々の暮らしも心も随分変化して
神々への信仰が薄れ、神威もかげってしまっている。

神々を大事にすることも忘れておいて
「思い出したように参っては、勝手な願い事ばかり」

神様自身が自らの存在意義を見失いかけている。

御用人が叶えようとする神様の願い事、その奥底に沈む本当の願い。



神様だって悩む、神様だって見失う、神様だって後悔する。

そして気づく。
願うは  喜び 幸せ 豊穣。
八百万の神々のなんと感情豊かなこと。

そして、そんな神々に守られた日本って素敵だなぁと再確認。


読書が苦手な息子が楽しんで読んでいるのも嬉しい。
さぁ、続きを買ってこなければ!

過去日記2015.6.9

 

 

 

 

 
 

孝行したいときに…

おかげさまで、実の両親・義理の両親ともに健在ではありますが
さすがに双方とも、70代に差し掛かり、タイトルの言葉が気になるようになってきました。

とは言っても、同県・同市内。
片方は車で25分ほど、もう一方も40分ほどでいけるのです。
が、、、なかなか行かないんだよねぇ。



月曜から金曜、時には土曜日も仕事。

週末はたまった家事をしなきゃ。
食料品を買い出しして少しは作り置きおかずも作りたい。
天気のいい日は、シーツからマットまで、洗濯したい。
………でも、身体も休めたいの………orz


今年こそは逢おうねって、毎年年賀状には書くけれど(もちろん気持ちはあるんだけど)
あの友達に会ったのは…? 何年前?

次の週末は、息子の部活の送り迎えがあるし…
久しぶりに髪を切りたいのになぁ…

そんなこんなで、過ぎていく毎日。
気がつけば、もう6月。梅雨入り。今年もあと半分になっちゃってる。
………わたしは い く つ に な っ た ん だ っ け……… ヤバくない?

主婦こそスケジュール管理が大切なのね… 今更ながらに痛感(T_T)

さて、今日ネットで見つけた、コレ。
http://seeyourfolks.com/

①Where do your parents live? あなたの両親が暮らす国はどこ?(Japan) 
②On average how many times do you see your parents a year?
 あなたは平均すると年に何回両親に会いますか?
③How old is your mum? あなたのお母さんは何歳?
④How old is your dad? あなたのお父さんは何歳?

4つを入力し、show my results 結果をみる。    ワタシは112回。。。。

なんだか、ドキッとしました。

たった、112回? たった112日??   無為な時間をすごしちゃいられないですね。