読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Disce libens.

disce は「学ぶ」。 libens は「喜んで、快く、楽しく」。 もっと豊かなワタシをめざして「ディスケ、リベンス」。

備忘録

Z会のおすすめ。


みかづき

エイジ (新潮文庫)

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

バスカヴィル家の犬 (新潮文庫)

人間の絆〈上〉 (岩波文庫)

もの食う人びと (角川文庫)

嵐が丘(上) (岩波文庫)

火群のごとく (文春文庫)

燦 1 風の刃 (文春文庫)

10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」

NO.6♯1 (講談社文庫)

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

変身 (新潮文庫)

星々の悲しみ (文春文庫)

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)

小説 微熱少年 (立東舎文庫)

境遇 (双葉文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

学校って何だろう―教育の社会学入門 (ちくま文庫)

空海の風景〈上〉 (中公文庫)

坂の上の雲(一) (文春文庫)

カラマーゾフの兄弟(上)(新潮文庫)

ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ (だいわ文庫)

沈黙 (新潮文庫)

ワイルド・スワン 上中下巻セット (講談社文庫)

14歳からの哲学 考えるための教科書

きみの友だち (新潮文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

夢をかなえるゾウ文庫版

ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)

モモ (岩波少年文庫(127))

ロビンソン・クルーソー (集英社文庫)

Story Seller annex (新潮文庫)

この恋と、その未来。 文庫 1-5巻セット (ファミ通文庫)

本を読む本 (講談社学術文庫)


☆=読んでおきたい14冊。

読書欲、むくむく。

息子の通信教材でZ会の資料請求すると、今、「東大生・京大生が薦める  大学入試までに読んでおきたい14冊」てのがついてきました。

 

これがもう、素敵で素敵で!

イチオシ14冊の他にも、全部で39冊が紹介されているんだけど、

全部読みたい‼︎

 

最初のインタビューが藤原和博さんと あさのあつこさん。

これだけでも素敵なのに、

続く東大生京大生14人がまた良い!

さすが、頭のいい人はかっこいいな!と素直に思う。

 

いやー皆さんも是非資料請求してください。

 

www.zkai.co.jp

 

 

  

いつの講義だったか、師匠が

本屋へ行くと、あぁ俺はここにある本を全然読めずに死んでいくんだろうなぁ、と思う。

と、言っていて、かなり衝撃を受けた。

 

だってさ、

あの膨大な読書量を誇る師匠だよ?

引っ越しのときに、2tトラックにいっぱいの本を泣く泣く処分した人だよ?(つまり残したのはそれ以上)

部屋に入ってたら、寝床まで、獣道みたいに空いてる以外は全部本が積んであるって人だよ?

つい先日も地震で積んでた本が落ちてきて、部屋からでれないからって打ち合わせアポをキャンセルした人だよ?

 

あぁ、ワタシはまだまだ本を読んではいないんだなぁ、と思う。

少しでも近づきたいなぁ、と思う。

 

読書欲、むくむく、です。

 

 

進んでない( ;∀;)。

見返したら、

一週間前に、

「とりあえず2週間でこれを一通りおわらせよ!」なーんて言ってた、漢検テキスト。。。

 

全然進んでないっ‼︎

やっばーい‼︎

 

そして三月も下旬に差し掛かる。。。

 

あと二週間で4月だよ?

桜咲くよ?

今年の四半期終わるよ?

 

ちょっとスピードアップしようよ

色んなことを。

 

明日は、ちょっと早起きしよ!

ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

「まってますよ」。

春からの居場所が決まったら、とっとと手続きを取らねばなりません。

急遽、午後半休をもらって、高校へ行ってきました。

 

案内にあった入学金を納めようと出向いたら

窓口にいらっしゃったのは、中高連携での行事で何度もお見かけした吹奏楽部顧問の先生。


「先生、おそらくブラスでお世話になることになりそうです」とご挨拶したら

「やっぱり!お名前をみて、ブラスの子じゃなかったかと思ってました!待ってますよ!」と。

 

なんだか、とっても、あったかい気持ちになりました。

 

「まってますよ」 

 

ありがたい言葉です。

発表。

30年以上も前から、当地では、卒業式の翌日が県立高校の合格発表です。

私たちの頃は

その時間になると、各高校に貼り出される合格者名簿(もちろん氏名バッチリの)を、延々とテレビで流していました。

知っている名前を見つけ、よかったねぇと、喜び合っていたものです。

個人情報なんて言葉もなかった、のんびりした時代でした。

 

今は、番号で、ネットでも調べられます。

 

 

さて、

お気に入りで、日参しているブログ様の「みんなのうた」というコーナーに投稿した

短歌もどきです。。。

トップページ - 今日も元気でいましょうね^^

 

秋過ぎて いよいよ悩む 模擬試験
不安ひとしお 子らも親らも

眉歪め 唇引き締め 学ぶ夜
やがて尊き力となるらん

清々し笑顔みせつつ出かけたる
今日が勝負と 受験日の朝

発表に 咲くのも散るのも キラキラと
涙溢るる15の春よ

 

 

今日、

我が子は、

電話の向こうで、

肩を震わせ、嗚咽しておりました。

 

小さいころの泣き顔が思い浮かびました。

 

 

 

 

 

 

卒業式。

2017年3月15日。

我が子の中学校の卒業式でした。

f:id:nekoya312:20170318075415j:plain

自分自身の時を記憶を含め、あぁ卒業式ってこんなもんだなぁ、とちょっと離れた気分で見ていたのですが、在校生からの「送辞」卒業生代表の「答辞」が素晴らしくて、うるうる来てしまいました。

あぁこれで義務教育が終わったんだな、もう高校生になるんだな、と思うと

何だか物寂しいような気持ちになりました。

 

ただでさえ一人っ子の男の子、どうしても必要以上に手を出してしまいがちになる自分がいます。

でもそうやって先回りしていると、何かの時にわからない・出来ない、で、恥をかくのは本人。

これからはもう少し、彼自身を信頼して、見守ろう。

ガミガミ母ちゃんから、ワタシ自身が、卒業しよう。

そんなことを思いながら、クラスの仲間と記念撮影する我が子を眺めておりました。

 

明日は、県立高校の合格発表です。

旧友を温める。

スマホ機種変の準備がてら、いろいろと連絡をしているうちに、途切れていた旧友ともう一度連絡を取り合えるようになりました。

LINEって便利ね。

 

大学を卒業してから、はや干支が二回り。

あの頃は携帯などなく、実家の住所だけが頼りの再会の約束でした。

 

そのうち、ポケベルだのPHSだのって持つ人が増えだして

(ワタシはそのあたりはスルーで)携帯に移行してきて。

 

同時に、結婚だ、引越しだ、転勤だ、と 慌ただしいころを過ぎ

なかなか連絡先を知らせることも、控えることも出来なくなっていた時期もありました。

そして続く

妊娠・出産・子育て の怒涛の時期も過ぎ

ようやくみんな自分の時間を持てるようになってきた感があります。

 

携帯番号も知らずにいた旧友とこんな形でまた繋がりが持てて、一気にタイムワープしたが如く、LINEでのやり取り。

 

文字だけだけど、懐かしい声が聴こえてくるようです。

いつかそう遠くないうちに、また逢いたいね。

それまでにダイエットするわね!と、お約束。

笑。