読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Disce libens.

disce は「学ぶ」。 libens は「喜んで、快く、楽しく」。 もっと豊かなワタシをめざして「ディスケ、リベンス」。

無題…。

勝手な勝手な思いです。

眞子さま
成婚以来お忙しくも真摯に公務に取り組むご両親を見てこられた眞子さま
お二人がお留守で寂しい夜もあったでしょう。佳子さまと励まし合いながら協力し合いながらこられたことでしょう。

特別なお立場に生まれついたことを、どうして?と考えたこともあったでしょう。
窮屈だし面倒だし、いっそ投げ出せるものなら、と思うことも多かったでしょう。
それでも、お父様お母様が大好きだし、ぶつかりあって言い合いしながらも、深い信頼と絆を作ってこられたことでしょう。

もっと兄弟姉妹がいたら、の思いも長らく叶わず、どうしてだろうと思われたこともあるでしょう。
そして、随分はなれたけれども弟か妹が出来ると聴いて、嬉しくも複雑な思いもされたことでしょう。周りに口さがない人もいたでしょうからね。

でも、小さな悠仁さまに初めてあったとき
嬉しかったでしょう?可愛かったでしょう?

絶対私たちが護る!と佳子さまと二人、心に誓ったんじゃないかしら。


イギリスでの留学生活はいかがでしたか?
そこそこ自由はあったけど、やっぱり家族の大きさを改めて感じられたんじゃないかしら。

日本に戻られ、多くの公務の依頼、時には海外にも招聘されて、お忙しい毎日でしょうね。
でも、だからこそ、無私の献身ともいえるほどに粛々と取り組んでおられるお母様の偉大さを誰よりもお分かりになるのではないかしら。

昨年からは、まさに疾風怒涛が秋篠宮家を襲っていますね。
生前退位のTV放送、どうお受けとめになられましたでしょうか。
お父様のおかれた複雑なお立場、悠仁さまを守らねばならないと一層気持ちを引き締められたお母様、お傍で見ていて胸が詰まる思いもおありではないかしら。


眞子さま
お美しく華ひらかれた眞子さま
凛とした気品と匂い立つ魅力、そしてどこまでも澄みわたったような無垢な透明さ。
きっと内々に多くのご縁談が舞い込んでいることでしょう。

でも、今このタイミングで、あの小室某とのご婚約など、私たちには信じられないのです。


眞子さま

余人に代えれぬお立場に生まれついた苦悩は、私たちには想像も尽きません。
でもどうか、どうか、ご両親をお助け下さい。悠仁さまをお護り下さい。
きっとここ数年が正念場になることでしょう。
どうか、皇室を、皇統を、我が国日本を、お護りください。
あなたのお立場と存在は、それほどまでに大きく尊いのです。

眞子さま。お願いいたします。
判断を間違わず、奸計に陥らず、眞(まこと)の光を失わないでください。

国民は皆、あなたが大好きです。
眞子さまの ほんとうのお幸せを 心よりお祈り申し上げます。

お言葉を・・・。

眞子さま

秋篠宮さま。

正式な発表とお言葉をおまちしております。


お小さい時から本当に愛らしくて
気立ての善さが写真から映像から見て取れました。

f:id:nekoya312:20170519143430j:plain

長じては 凛と美しく成長され
国内はもとより、海外でもご立派に公務をつとめられておられます。

f:id:nekoya312:20170518141405p:plain

「衝撃的な気品」と称賛されたお姿に、民は皆、嬉しく誇らしく、流石眞子さまと心を温かくしております。

 


国内の名家どころか、どこかの王族からご縁が舞い込んでも不思議ではない御方です。

でもおそらく、どの国も、天皇家の由緒や歴史を思えば軽々しく申し出すらも出来ないような御方です。

その御方の、人生最大の慶事ならば
諸処の準備が万端に整って、正式な御発表を伺って
心からお慶び申し上げたいのです。
一顧の憂いもなく「おめでとうございます」と言いたいのです。

 


一般庶民であっても、いざ結婚となれば、様々な思いの違いや問題事が持ちあがるのは当然。

眞子さまは 今上天皇の初孫で
やがて天皇となられる文仁親王の娘御
その次の天皇となられる悠仁親王の姉君

 

眞子さまの伴侶となられる方なら
人品骨柄卑しからぬ方だと納得したいのです。
その方だけでなく、ご家族ご一族も
我が国一の姫宮さまをお迎えするに相応しいと安心したいのです。

f:id:nekoya312:20170518131508j:plain

 

おかしなリークやスクープで
どこかの芸能ニュースのように囃し立てるなど
あってはいけないのです。

 

お言葉を、おまちしております。

 

 

e-vis.hatenablog.com

 

過去日記2015.5.11

 

 

 

 

 
 

京都2日目⑥

京都旅行、最後に訪れたのは、建仁寺さん。
高台寺さんでて、徒歩10分くらいだったかな。

近づくにつれ、人通りが多くなりましたが、ほどなく到着。

何が見たかったかって、これです!
20150502141737977.jpg

20150502141715cb9.jpg

ちょっと、写真が暗いですが、、、風神雷神 俵屋宗達

本物は京都国立博物館にあるそうで、お寺にあるのは複製だそうです。
それにしても……写真、自由にどうぞ~!とは、なんとおおらかなのでしょう。

ほかにも、双竜図も迫力あったし、お庭も気持ちがよかった。
ゆっくり座って枯山水のお庭を眺めてる人が何人もいました。
私たちもこの二日間の疲れを癒すべく、のんびりさせていただきました。

いやー、初めてきましたが、いいところだ!



後ろ髪をひかれつつ、建仁寺さんをでたら、祇園花見小路の喧騒。
土産物屋さんが並ぶ、四条通りも人だかり……

田舎者親子は、げっそり。。。(笑)

祇園辻利さんでお土産を買い、2階のパフェを目当てに並ぶ人の多さに驚き
私たちは1階で、テイクアウトのソフトを食べました。

お土産を買うと、30円(?だったかな?)のクーポン券をもらえたので
それを使って、ソフトクリームを頂きました。
息子は抹茶ソフト、ワタシはほうじ茶ソフト。
ほうじ茶ってめずらしさに惹かれて食べてみましたが、これはこれでなかなか美味しい。
でも次はやっぱり抹茶にするかな、という感じでした。ww



いろいろとお土産も見終わり、早い時間だったけど食事をとることに。

いったのは、南座となりの にしんそば松葉さん。
うーん、ここは、、、息子の口には合わなかったようです。
そばは、岐阜やら長野やらで美味しいもの食べてるしなぁ。。。
すんません。多くは語らず。。。


まだ少し時間があったので、鴨川べりにおりて まったりと。

いやー、息子と鴨川べりに座るとは思いもしませんでした
昔は、鴨川べりはカップルが等間隔に座るって伝説だったし(笑)
今はどうなんかな?


そんなこんなで、終わった京都旅行です。


なんだかんだと楽しい1泊2日になりました。

それでも、地元に戻ってきたら、やっぱり地元が一番、とか思うのよね。
20150502141915647.jpg


お疲れ様でした。

過去日記2009.5.9 LIVE。

CDどこへやったのやら。

探そう!

 

 

なつかしい・・・美しい・・・日本語編集する
2009年05月09日00:03全体に公開
3 view
今晩は、久しぶりに ライブに出かけてきましたるんるん

ちょっと前の日記にも紹介しておりましたが…

マイミクであるところの
Mさん Bさん Sさん と 
うちのダンナさんで バンドを組んでまして、

ここ数週間、 夜な夜な拙宅に集まっては
  レコーディングしたり、おしゃべりしたり
    リハーサルしたり、おしゃべりしたり
     おやつたべたり、おしゃべりしたり、、、、
してらしたのですが(笑)

本日、ライブ本番も
 和気藹々と仲良く息の合ったところを魅せていましたぴかぴか(新しい)

会場のカフェは、もう満員御礼。
スペースいっぱいに ヒト 人 ひと … すごかった。
予約で満席だったようです。 さすがわーい(嬉しい顔)ムード


つるべとられて~ と題して
懐かしい童謡や唱歌のアレンジ+オリジナル曲 を聴かせていただきました。

ん~ん~ん~
 日本語ってこんなに美しい言葉だったのねハート達(複数ハート)目がハートハート達(複数ハート)

甍の波と雲の波… とか
菜の花畑に入日薄れ… とか
夏も近づく八十八夜… とか 

 聴いたことはある 鼻歌も歌える っていうスタンダードナンバー

 けど、歌詞は…冷や汗 

 すらっと出てくる方って なかなかいないのではないかと思います。

そんな 懐かしくも美しい日本の唄を堪能させていただいたライブでした。

アレンジが素敵ハート達(複数ハート)
 ちょっとしたフレーズが小洒落たいい感じムード
  ナニゲなのに聴かせる演奏で ときめかされました目がハート
しかも!しかも! Mさんの美声であります。
油断すると すぐに うるっときちゃうんですよ涙ハート達(複数ハート)
なんなんでしょ あの声は。
 魔法がかかっております。多分。

今回見逃しちゃった方は ぜひぜひ 次回!要チェックです。


そして、本日披露されたオリジナル曲3曲入ったCDも発売になりましたわーい(嬉しい顔)

こちらで 視聴できます。
http://www.myspace.com/kayoyamashin  

とっても素敵な曲たちですので、どうぞ、お耳を傾けてくださいね。


で、
MさんがMCでも言ってらしたのですが
綺麗な日本語でかかれた童謡や唱歌が 今の時代
どんどん片隅に追いやられてしまっています。
言葉遣いが難しいとか、古臭いとか、意味が分かりにくいとか
そんな理由なのかもしれませんが、学校では教えてくれなくなってます。
子育て真っ最中の私たちママ族も すでに歌えなくなってます。
とても綺麗で叙情豊かな唄がたくさんあるのに、、、
かえすがえすも なんとも残念なことだなぁ、と思います。

今日のライブを機に
 ちょっと 懐かしい唄を思い出してみたいなぁ と思いました。
 
ネットで歌詞を調べてみようかしら?ウインク


あ、そうそう、Mさんハート達(複数ハート)
私ね 「早春賦」が好きなのですよ。
  春は名のみの風の寒さや 谷の鶯 唄は覚えど。。。って あれ!
いつか どこかで 聴きたいなぁ。 リクエストお願い!あっかんべー

過去日記2015.5.3

 

 

 

 

 
 

京都2日目⑤

お腹も幸せにふくれたので、次へ。
高台寺さんです。

実は今回の旅で初訪問なのが、高台寺さんと、このあとに行く建仁寺さん。

1日目はかつてのマイテリトリーがほとんどでしたが、2日目は全くもって圏外なので、楽しみにしてきました。



のっけから美しいです、高台寺さん。
さすが、ねね様のお寺ですね。
時の最高権力者の御正室、そりゃどこもかしこも最高品質なのも理解できる。


4年間京都で暮らし、また地元に戻ってきたから見えたこと。

京都って、ホントに手間と時間とお金がかかった街だな〜ということ。
1000年以上もの間、都が置かれ、皇族貴族権力者が愛でてきた街だけある。

現実的な話し。
例えば、桜って綺麗だけど、散れば花びらが辺りをよごすわけですよ、いつまでもピンクのままじゃないしね。
花びらのあとは軸が落ちる。秋になれば、葉がオレンジに色づき、それもまた落ちる。綺麗な分だけ手間もかかるんです、桜。

もみじもそう。
結構虫がつきやすいし、葉は落ちる。

庭に池を作れば、池も手入れが必要。

周り中が落葉樹なのに、枯山水の庭に葉が散らばってないってことは、 どういうことなのか推して知るべし。

美しく保とうとするなら、手間も時間もかかる。それを惜しまず実現しているのが、京都という街なんだと思います。


高台寺さんの素敵なお庭を散歩しつつ、
我が家も草むしりしなきゃ、断捨離しなきゃ(´・_・`)と、思いました。

過去日記2009.5.3 歌声。

スーザン・ボイルにビビった件。

 

 

音楽♪編集する
2009年05月03日09:17全体に公開
4 view
おかげさまで
他のひとより ちょっと 
ナマ音に触れる機会をもらえることの多い環境におりまして
日々楽しませていただいております。

ワタシ自身は
何の楽器もできないし 歌も歌えないのですが
身近に 音楽を楽しむ人たちが 数多くいるのは
とっても幸せなことだなぁ 
と しみじみ感じております。

で、最近あらためて感じたのは
演奏にも歌にも「人間性・日常」がでるんだなってこと。

な~に アタリマエ なこと言ってんの? という感じですが…

どんなに 上手な演奏でも 感動できないことがある
たいして うまくなくても 心に残って仕方がないことがある

見た目とか スタイルとか 演出とか 
そういうのじゃないところのナニカ。



マイミクさんたちが 日記にかいていたのに
私は今日ようやく みました。
この2週間ほど みていなかったことに しばし後悔。

この方の存在に 出会えたことに 感謝。

http://www.youtube.com/watch?v=1t8m7CkpIK0

過去日記2015.5.2 ⑤

 

 

 

 

 
 

京都2日目④

清水寺、門まで戻ると、また人口密度が上昇しておりました。
これは逃げるしかない!www
お土産物屋さんをのぞきながら、ちょっと早いですがお昼ご飯へ。

向かったのは、高台寺の近くの ひさご さん。親子丼が有名らしい。
11時すぎに着いたら、オープンは11:30とのこと。しかしすでに待っている人が…

日も高くなって、ちょっと汗ばむ陽気になってきたし、うーん、待とうか他所へ行こうか?どうする?と息子に相談したら…、うろうろしてるうちにオープンするから待とうよ、と。。。あんたも大人になったわねぇw。

そうこう言ってるうちに、どんどん人が集まってきました。これは、待ってて正解だったね。
オープンして、順に案内されます。私たちは3組目。店内キャパは30人くらいかなぁ?オープン前から並んでても入れない人もいました。すごいなぁ。

オーダーは迷わず親子丼。他にも茶そばが美味しいらしい。
「山椒、大丈夫ですか?」と訊かれます。
香り高くて、ピリッと辛く、美味しい。ワタシあり、息子はなしで、お願いしました。


20150502133851a6c.jpg

御出汁がきいてて、ふわふわ。美味しい親子丼です。これは繁盛するよね!



ところで、ワタシたちの隣りに座ったカップルさんは、着物を着ていました。
着物で京都って流行っているのねぇ。
20代くらいの女性グループだったり、カップルだったり、けっこう目につきました。
そして、お隣さん。どうやら中国の人らしい。見た目だけじゃわからなかったんですけど。

かの国のガイドブックにも、着物レンタルとかとりあげられてるのかしら?