Disce libens.

disce は「学ぶ」。 libens は「喜んで、快く、楽しく」。 もっと豊かなワタシをめざして「ディスケ、リベンス」。

過去日記2015.6.27

 

 

 

 

 
 

法は誰のために?② ~~絶歌~~

これから書くのは、ワタシ個人のつぶやきでございます。
法学を学んだことはありませんし、正直言って興味もございません。
普通に生きてたら、法に触れるようなことはしないだろうし、
巻き込まれるようなこともないだろう、と考えている程度の
一般庶民のつぶやきです。


絶歌が出版されるとニュースで知って以来
いろんな人のいろんな意見をネットで見聞きしてまいりました。
圧倒的多数の批判の声。
ごく一部の擁護派の意見。


いろいろと見るほどに、この件に関する怒りの気持ちとは別のところで
純然たる疑問がわいてきました。

何なんやろ、この意見の違い。


んで、ふっと浮かんできたんですけど

「法が前提としているもの」が違うんじゃないの??



ワタシは昭和40年代半ばの生まれで
親は客商売の自営業をしております。
日本の片田舎で普通に善良に生きている人間だと思います。

で、その親がよく口にしていたのは
「恥ずかしいことすんなよ」

倫理・道徳に反することは、ヒトとして恥ずかしいこと。
世間体が悪い、お天道様に顔向けできない
そんな生き方はしちゃいけないよ、と言われて育ちました。

特別でもなんでもない、ごく一般的な考え方だと思います。

他人様に迷惑をかけるなよ
自分だけがいい のは恥ずかしいことだ
人間誰しも間違いはある
気づいて反省しているならそれ以上責めちゃいけない
今は分からなくても、後になれば分かる日がくる



で、少年法。これって、
自分のしでかしたことの意味を分からない年少のものを守る法ですよね?
ヒトとして成熟しておらず間違えてしまった者でも
成長し自分のしたことの意味が分かったときには深く反省するだろうと。
そのときに更正しやり直すチャンスを与えるためにある法ですよね。

でもさぁ、そもそも成長しても反省できないヒトだったらどうすんの?



日本の法律は、日本人のメンタリティを前提に成立していると思います。

福島の被災者が互いに譲り合う姿 が海外で驚きをもって報じられたように
テキサス親父さんが、これが日本人なんだぜ!と絶賛してくれているように
テキサス親父 俺が日本を愛する理由
他者を思いやり尊重する心 が日本人のメンタリティの大きな柱だと思います。
そういう性善説的なものを前提にして、日本の法律は成り立っているように思うのです。


でも残念ながら 中には元少年Aのように 成長しても反省などできないヒトもいるし
法が前提としてきた従来当たり前のメンタリティが通用しない犯罪もあるわけです。

法 を 見 直 す べ き だ と 思 い ま す 。

【酒鬼薔薇聖斗を斬る②】一流精神科医が診断する。更生していない。再犯の可能性が高い。

過去日記2009.6.27  観劇。

会場についたら、ダンナのお友達の人形師さん(アメリカ生まれ)がいらして、息子といたワタシに、

「初めてのお芝居が、シェークスピアなんて、すごいね」

と言ってたのを思い出しました。

シェークスピアって 1564ー1616 だってさ。

えーと?400年前の人なんだよね。

400年生き残っている作品というのは、やっぱり何か大きなエネルギーがあるのだと思います。

 

夏の夜の・・・編集する
2009年06月27日22:11全体に公開
2 view
思いがけないお誘いをいただいて、お芝居を観にいきました。

夏の夜の夢 です!

実は、この歳になっていながら
この手のお芝居を観るのは初めてで、しかも シェイクスピア

私にわかるのかしら?
息子は最後まで観れるのかしら? 
内心ドキドキ…でした。


でもって…始まったら…

すっごいよかったハート達(複数ハート)感動しましたハート達(複数ハート)

舞台の上の一人ひとりが、キラキラしてる。
スゴイ楽しんでるのがわかる。
演出も洒落が効いてて、
クスッとなったり、アハハ!と声が出ちゃったり
ホントにホントに楽しめました。

俳優さん女優さん、お一人お一人への感想ももちろんあるのだけど、

驚いたのが、

この舞台、地方公演は富山だけだったんですよわーい(嬉しい顔)
しかも、一昨年の新国立劇場での好評をうけ、再演となった大千秋楽。

オーバードホールって、すごいんだ。。。

三面舞台が…とか、全国有数の舞台装置が…とか
話には聴いてましたけどね。やっぱり。
今更なんだけど、改めて思い知りました。
地方にいても、こんなに身近に質の高いものを観るチャンスがあるのって、
すごく幸せなことなんだなって、思いました。

感謝。。。

過去日記2009.6.25 あんまり変わらない。

今も、同じようなバトルを繰り返している気がします。何故だ?

 

会話編集する
2009年06月25日19:31全体に公開
3 view
母「宿題が終わってからご飯だからね!」

子「はーいぃ」

………

母「終わったの?」

子「もうちょっと…」


………30分経過(プリント1枚で?…)

母「まだ終わらんが?(富山弁)」


子「しょうがないでしょ」



??? なにが「しょうがない」んじゃ!!!

バトルは続きます。

過去日記2009.6.24 夜中の襲撃。

 

 

 

蹴られる・・・編集する
2009年06月24日23:38全体に公開
2 view
このところ、若干の寝苦しさも覚える夜半。

思いがけず

「どかっ」と


踵落とし・・・?




息子に蹴られております。


起きてみたらば、頭と枕が反対で…

どうやったら、180度回転できるのやら???




生まれてこの方、一緒に寝ておりますが

そろそろ、寝床を分けたほうがいいのかと…


おかげさまで、大きくなりました。

天網恢々疎にして漏らさず

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/081a0d75649685dbdd9d8031dbcd566e


潮目が変わりそうです。


負けるな日本。


天照大神さま、天津神々、国津神々、


豊葦原瑞穂国


この美しい我が国をお守り下さい。

過去日記2015.6.23

 

 

 

 

 
 

法は誰のために?① ~~絶歌~~

法とは難しいものだと思う。


当時14歳だった と少年法で手厚く保護され
刑期を全うし罪を償った と社会復帰をなし
基本的人権表現の自由」だ と手記を書き
著者の権利だ と多額の印税を受け取る


一方で

まだ小学生だった我が子を奪われた家族は
さまざまな情報を実名のままに報道され
悲しみと喪失感のなかで 憐憫と好奇の耳目に晒された

二次三次に与えられる苦痛と 
続く苦悩は如何ほどのものだったろう

18年の歳月はどのくらいその傷を癒せたのだろう


そして突如として振るわれる
再びの暴虐
時を遡って甦る苦しみ


どうしてこのような目にあわなくてはいけないのだろう

何も悪いことをしていない人をどうして法は守らないんだろう



殺害の様子を 微にいり細にいり 描き出し
故人の受けた苦痛と恐怖を再現することで
遺族がまたしても感じる精神的苦痛

加害者によって 
あるまじき冒涜が行われたことまでもを公表することで受ける
耐えがたき恥辱

それらを無視しても「言論の自由」とやらは守られなくてはいけないのだろうか



巷では「サムの息子」法の導入の是非が検討され、圧倒的賛同の声が高まっている
私も もちろん賛成。

でも、本当に論じなくてはいけないのは

こうした出版行為そのものが「罪」にあたらないか、ということではないのか?



その昔 
「家庭内の問題だから」と言われて
泣き寝入りするしかなかったことが 
いまはDVと社会認識されている

その昔
「彼(彼女)は あなたが好きなだけだよ」と
取り合ってもらえなかったことも
ストーカー行為として犯罪認識されている

そのように 

被害者、遺族、関係者の承認を得ずに
加害者およびその関係者が
過去の犯罪について広く巷間に知らしめる行為は
犯罪なのだと認識されるようになってほしい



ペンは剣よりも強し  

横暴な権力から弱き者を守るためのペンであればよいですが
善良な人を 武力以上に傷つけるペンであってはいけないと思うのです。




ところで

エラそうな顔して、エラそうな文章書いてるこの人

土師さんの見解は、土師さん個人の見解であって、
被害者を代表する見解というわけではないだろう  だと??

同じような体験をしてから、言えるものなら言ってみな。

非難轟々の【元少年Aの手記『絶歌』】で軽視される「言論の自由」と出版の意義

過去日記2015.6.18

 

 

 

 

 
 

つぶれてしまえ!太田出版!

 2015年6月11日太田出版は『絶歌』を出版しました。

 この本は1997年に神戸で起きた通称神戸連続児童殺傷事件の加害者である元少年Aが事件にいたる経緯、犯行後の社会復帰にいたる過程を自ら綴ったものです。
 なぜ遺族の了解を取らずに出版したのか、遺族の気持ちをどう考えているのか、なぜあのような猟奇的殺人者の本を出すのかなど、出版後、多くの批判をいただいています。

 本書は、決して本人の弁解の書ではありません。いわんや猟奇殺人を再現したり、忌まわしい事件への興味をかき立てることを目的にしたものではありません。
←目的にしていなくても、そうなります。逆に、再現・興味を避けることが出来るのですか?

 本書は、加害者本人の手で本人の内面を抉り出し、この犯罪が起きた原因について本人自身の言葉で描いたものです。
 深刻な少年犯罪が繰り返される中、なぜそのようなことが起きたのかをそれぞれの事件の加害者自身が語ることはほとんどありません。一つには機会があってもそれを表現するだけの力を持つ者がいないということがあります。加害者の心の闇は謎のままです。
←ネットであとがきを読んだだけでも、矛盾だらけの破綻した文章。表現する力?ないでしょ?

 神戸連続児童殺傷事件はその猟奇性ゆえ、また加害者が14歳の少年であったことなどから社会に衝撃を与え、人々の脳裏に深く刻み込まれる事件となりました。「少年A」というそもそもは匿名を表す表記が、多くの人にとってそのまま神戸連続児童殺傷事件の記憶に結びつくという特異なそして少年犯罪の代表的な事件です。少年犯罪が起こるたびに神戸の事件は言及され分析されてきました。
 本書に書かれた事件にいたる彼の記述を読むと、そこには大人の犯罪とは明らかに異なる、少年期特有の、性的衝動、心の揺れなどがあったことがわかります。そしてそれだけの内面的な乱れを抱えながらも、事件が起きるまで彼はどこにでもいる普通の少年でした
←あのようなことをした子が「普通」ですか?

彼が抱えていた衝動は、彼だけのものではなく、むしろ少年期に普遍的なものだと思います。
←「普遍」??言葉の意味が分かってらっしゃる??

彼は紙一重の選択をことごとく誤り、前例のない猟奇的殺人者となってしまいました。
←前例のない逸脱を「紙一重」と??

彼の起こした事件は前例のない残虐な猟奇的事件でしたが、それがいかに突出したものであろうと、その根底には社会が抱える共通する問題点が潜んでいるはずです。

←同じ時代、よく似た環境で生まれ暮らすなかで、あのようなことをしでかす者が他にいたとでもいうのでしょうか?社会のせいにするな!

社会は、彼のような犯罪を起こさないため、起こさせないため、そこで何があったのか、たとえそれが醜悪なものであったとしても見つめ考える必要があると思います。
←いじめに端を発するような事件であれば見つめなおす必要もあるでしょうが、
常人ならば遂行しえないほどの猟奇的事件を一般人が深く掘り下げる必要がどこにあるというのでしょう? 
知らない ということは その人の中に「存在しない」ことです。 
今まで知らなかった世代が知ってしまうことのリスクのほうがよほど大きい!


 本書の後半は主に、彼の更生、社会復帰にいたる関係者の協力、本人の心境の変化が赤裸々に描かれています。何をもって更生が成ったかを判断するのは難しいことですが、彼は国のシステムの中で更生したとされ社会に復帰しました。
 彼が類例のない猟奇的犯罪を犯しながら、比較的早い時期に社会復帰を果たしたのは、少年法が存在したからです。
←結局更生などしていないこと、そして少年法が何の役にも立たなかったことを証明したともいえます。

法により生きることになり、社会復帰を果たした彼は、社会が少年犯罪を考えるために自らの体験を社会に提出する義務もあると思います。
 彼の手記には今にいたるも彼自身が抱える幼さや考えの甘さもあります。しかしそれをも含めて、加害者の考えをさらけ出すことには深刻な少年犯罪を考える上で大きな社会的意味があると考え、最終的に出版に踏み切りました。
←提出義務は、取り調べで果たしているはずです。それとも隠していたというの?
利己主義の自己弁護文に 社会的意味なんぞないわ!


 本書の出版がご遺族の方々にとって突然のことであったため、あの事件をようやく忘れようとしているご遺族の心を乱すものであるとしてご批判を受けています。そのことは重く受け止めています。
 私たちは、出版を検討するにあたり、その点を意識しなかったことはありませんでした。本書がその内容よりも、出版それ自体の反響として大きくマスコミに取り上げられるであろうことや、それによって平穏へと向かいつつあるご遺族のお気持ちを再び乱す結果となる可能性を意識しました。

←つまり、意図して事前に知らせなかったということですね。
再び乱す可能性? 可能性??  これを聞いて平静にしている可能性があったとでも?
ふざけるものいい加減にしろ!


 それを意識しつつも、なお出版を断念しえず、検討を重ねました。
←でも、やっぱり儲けたかったんだもーん! てことね。
本を書けば、皆様をさらに傷つけ苦しめることになってしまう。
それをわかっていながら、どうしても、どうしても書かずにいられませんでした。

元 少 年 A と お ん な じ で す ね

 出版は出版する者自身がその責任において決定すべきものだと考えます。出版の可否を自らの判断以外に委ねるということはむしろ出版者としての責任回避、責任転嫁につながります。
 出版後、ご批判の声が多数届いています。同時に「少年Aのその後が気になっていたので知ることができてよかった」「自分の息子が将来加害者の側になるのではないかと心配している。少年Aの心の動きを知ることができて参考になった」等のご意見も多数いただいています。
← 圧倒的大多数を占める批判と、万分の一の味方(?)を 共に“多数”と並べる面の皮の厚さ

 私たちは、出版を継続し、本書の内容が多くの方に読まれることにより、少年犯罪発生の背景を理解することに役立つと確信しております。
← どんなに世間が騒いだって、儲けたもの勝ちですから、どんどん増版しますよ と?
ねぇ、この人、日本人じゃないよね。 


 ご遺族にも出版の意義をご理解いただけるよう努力していくつもりです。
← つ も り  だそうですよ!笑止

2015年6月17日 株式会社太田出版  代表取締役社長 岡 聡


ほんっとに、突っ込みどころ満載のコメント。

で、もうひとつ、どうしても気になるのが、出版日。6月11日。

朔日でもなく、ゴト日(5日・10日)でもなく、月曜日でもなく・・・

忘れられない日、アメリカ9.11 日本3.11 サカキバラ6.11  いーんじゃね? って言ってる気がしてならない。

国民を愚弄している、そう思う。

こんな会社、つぶれてしまえ!!!!