Disce libens.

disce は「学ぶ」。 libens は「喜んで、快く、楽しく」。 もっと豊かなワタシをめざして「ディスケ、リベンス」。

過去日記2009.8.12 社会責任とは。

 

 

24年編集する
2009年08月12日22:25友人の友人まで公開
2 view
先日のレビューにも この事故の本を取り上げましたが
ほんとに わすれちゃいけないことだと おもうのです。

昨年 クライマーズハイ の小説を皮切りに
関連本を図書館で借りまくって 読み漁りました。

そのなかにあったのが、
ニュースでも触れられている 登山道。
これ、日航の職員さんの有志が自ら整備をしにいってるそうです。
命じられた業務としてではなく、、、

それを読むまで、大会社だから、
お金を出して 人を雇って道を整備しているのかと 思い込んでいました。

急坂を登り 笹薮をなぎ払い 草を刈り 崩れた足場を補強し…


多くの被害者を出した責任、といえば それはそうなんだけど…

今 その活動をしている人たちが 飛行機を運行してたわけじゃない。

自分の会社が起こしたことに対して 
自らの社会責任を感じ
真摯に 
何かできることを、と行動を絶やさない人がいる。
とても、素晴らしいことだと思われました。

いろんな意味で 考えることの多い事故です。

過去日記2009.8.8 必読書。

レビューの日記は残すつもりはなかったのですが、これは別。

 

 

本日最終レビューです。編集する
2009年08月08日14:09友人の友人まで公開
2 view
もうすぐ8月12日。
あれから24年が経つんです。

当時私は中学生で「すごいことがおきてしまったな」と
ニュースを眺めていたのを思い出します。

前橋市在住のS先生は以前、
事故当時、20数kmも離れた遺体安置所の方角が
においで分かったと 話してくれました。

現場の身元確認調査の責任者が書いたこの本。
そのすさまじさと 必死の努力に ただただ涙が流れるばかりです。



墜落遺体―御巣鷹山日航123便

レビューヘルプ

コメント

  • くま

    M2009年08月08日 14:30削除
    忘れられない出来事ですね。

    生存者が 自衛隊のヘリコプターに 救助されるシーンは 脳裏に焼き付いてます。

    いろんなおもいがあります。
  • ジュリア

    ジュリア2009年08月08日 14:44削除
    >Mさん
    この本ではないですが、
    あの時 少女を抱えてヘリに運んだ自衛隊員の言葉を思い出しました。

    地獄さながらの状況下 怒号と腐臭の真っ只中で
    彼女を抱えたときに 
    ようやく 生きている 人間の 子どもの 匂い がしたそうです。

    忘れてはいけませんね。
    そしてぜひ子どもたちに伝えて行きたいことでもあります。

過去日記2009.8.8 夏の100冊。

 

 

 

夏休みになると編集する
2009年08月08日10:48全体に公開
2 view
本屋さんに たくさん本が並びます。

○○の100冊とか □□の1冊 とか。

ワタシ あのコーナーに置かれている 小冊子が大好きで
必ずもらってくるんです。

出版社ごとに お勧めしている本に 特徴があって

同じ作家さんでも
新○社さんはコレ、角○さんはソレ とか

同じ作家の同じタイトルでも 
各社で表紙が違っているのを うーん、こっちのほうが好みだわ、と

比較して楽しんでいたりします。

○冊かったらコレあたります。っていうものチェックしてしまう。

私的に 今年のあたりは 写真のスペシャルカバー!

シンプル 綺麗な色 フォントも好み おしゃれじゃん!

思わず  10冊大人買いしたい! と思った。
でもさ でもさ
10冊のうち 持ってるのが 6冊。。。

やめました。

過去日記2015.6.27

 

 

 

 

 
 

法は誰のために?② ~~絶歌~~

これから書くのは、ワタシ個人のつぶやきでございます。
法学を学んだことはありませんし、正直言って興味もございません。
普通に生きてたら、法に触れるようなことはしないだろうし、
巻き込まれるようなこともないだろう、と考えている程度の
一般庶民のつぶやきです。


絶歌が出版されるとニュースで知って以来
いろんな人のいろんな意見をネットで見聞きしてまいりました。
圧倒的多数の批判の声。
ごく一部の擁護派の意見。


いろいろと見るほどに、この件に関する怒りの気持ちとは別のところで
純然たる疑問がわいてきました。

何なんやろ、この意見の違い。


んで、ふっと浮かんできたんですけど

「法が前提としているもの」が違うんじゃないの??



ワタシは昭和40年代半ばの生まれで
親は客商売の自営業をしております。
日本の片田舎で普通に善良に生きている人間だと思います。

で、その親がよく口にしていたのは
「恥ずかしいことすんなよ」

倫理・道徳に反することは、ヒトとして恥ずかしいこと。
世間体が悪い、お天道様に顔向けできない
そんな生き方はしちゃいけないよ、と言われて育ちました。

特別でもなんでもない、ごく一般的な考え方だと思います。

他人様に迷惑をかけるなよ
自分だけがいい のは恥ずかしいことだ
人間誰しも間違いはある
気づいて反省しているならそれ以上責めちゃいけない
今は分からなくても、後になれば分かる日がくる



で、少年法。これって、
自分のしでかしたことの意味を分からない年少のものを守る法ですよね?
ヒトとして成熟しておらず間違えてしまった者でも
成長し自分のしたことの意味が分かったときには深く反省するだろうと。
そのときに更正しやり直すチャンスを与えるためにある法ですよね。

でもさぁ、そもそも成長しても反省できないヒトだったらどうすんの?



日本の法律は、日本人のメンタリティを前提に成立していると思います。

福島の被災者が互いに譲り合う姿 が海外で驚きをもって報じられたように
テキサス親父さんが、これが日本人なんだぜ!と絶賛してくれているように
テキサス親父 俺が日本を愛する理由
他者を思いやり尊重する心 が日本人のメンタリティの大きな柱だと思います。
そういう性善説的なものを前提にして、日本の法律は成り立っているように思うのです。


でも残念ながら 中には元少年Aのように 成長しても反省などできないヒトもいるし
法が前提としてきた従来当たり前のメンタリティが通用しない犯罪もあるわけです。

法 を 見 直 す べ き だ と 思 い ま す 。

【酒鬼薔薇聖斗を斬る②】一流精神科医が診断する。更生していない。再犯の可能性が高い。

過去日記2009.6.27  観劇。

会場についたら、ダンナのお友達の人形師さん(アメリカ生まれ)がいらして、息子といたワタシに、

「初めてのお芝居が、シェークスピアなんて、すごいね」

と言ってたのを思い出しました。

シェークスピアって 1564ー1616 だってさ。

えーと?400年前の人なんだよね。

400年生き残っている作品というのは、やっぱり何か大きなエネルギーがあるのだと思います。

 

夏の夜の・・・編集する
2009年06月27日22:11全体に公開
2 view
思いがけないお誘いをいただいて、お芝居を観にいきました。

夏の夜の夢 です!

実は、この歳になっていながら
この手のお芝居を観るのは初めてで、しかも シェイクスピア

私にわかるのかしら?
息子は最後まで観れるのかしら? 
内心ドキドキ…でした。


でもって…始まったら…

すっごいよかったハート達(複数ハート)感動しましたハート達(複数ハート)

舞台の上の一人ひとりが、キラキラしてる。
スゴイ楽しんでるのがわかる。
演出も洒落が効いてて、
クスッとなったり、アハハ!と声が出ちゃったり
ホントにホントに楽しめました。

俳優さん女優さん、お一人お一人への感想ももちろんあるのだけど、

驚いたのが、

この舞台、地方公演は富山だけだったんですよわーい(嬉しい顔)
しかも、一昨年の新国立劇場での好評をうけ、再演となった大千秋楽。

オーバードホールって、すごいんだ。。。

三面舞台が…とか、全国有数の舞台装置が…とか
話には聴いてましたけどね。やっぱり。
今更なんだけど、改めて思い知りました。
地方にいても、こんなに身近に質の高いものを観るチャンスがあるのって、
すごく幸せなことなんだなって、思いました。

感謝。。。

過去日記2009.6.25 あんまり変わらない。

今も、同じようなバトルを繰り返している気がします。何故だ?

 

会話編集する
2009年06月25日19:31全体に公開
3 view
母「宿題が終わってからご飯だからね!」

子「はーいぃ」

………

母「終わったの?」

子「もうちょっと…」


………30分経過(プリント1枚で?…)

母「まだ終わらんが?(富山弁)」


子「しょうがないでしょ」



??? なにが「しょうがない」んじゃ!!!

バトルは続きます。

過去日記2009.6.24 夜中の襲撃。

 

 

 

蹴られる・・・編集する
2009年06月24日23:38全体に公開
2 view
このところ、若干の寝苦しさも覚える夜半。

思いがけず

「どかっ」と


踵落とし・・・?




息子に蹴られております。


起きてみたらば、頭と枕が反対で…

どうやったら、180度回転できるのやら???




生まれてこの方、一緒に寝ておりますが

そろそろ、寝床を分けたほうがいいのかと…


おかげさまで、大きくなりました。